健康食品(サプリメント)の主な種類と基本。摂りすぎることでの悪影響

健康食品

健康やダイエット、スポーツなどの情報にアンテナの高い方は、いろいろな「健康食品」についてご存知のことと思います。

テレビや雑誌、インターネットなどには、健康食品に関する情報があふれるほど存在していますし、実際にサプリメントなどを使用している方も多いでしょう。

私もマルチビタミンなどのサプリメントや、トクホのお茶などを飲むことがよくあります。

しかし、今なお「マユツバ」の商品が出回っていたり、健康食品が原因で体調を崩したりすることもあります。

また「機能性表示食品」「特定保健用食品(トクホ)」など、健康食品にはいろいろな種類がありますが、よくわからないものもあるのではないでしょうか?

今回は、健康食品との上手な付き合い方について説明します。

健康食品(サプリメント)とは?

健康食品

まずは「健康食品」とは何かについて、説明します。

意外かもしれませんが、いわゆる健康食品と呼ばれるものは、法律で基準が決められているものではありません。

医薬品ではない「食品」の中で、特に健康の保持や増進をサポートする食品として販売・利用されるもの全般を「健康食品」と呼んでいます。

ただし、国が定めた有効性の基準や安全性の基準などを満たした食品については「保健機能食品」を名乗ることができます。

「機能性表示食品」「特定保健用食品」などは、それぞれ国が定めた基準を満たした「保健機能食品」ということです。

以下の図は、厚生労働省のホームページに掲載されている「健康食品」の分類表です。

図

【出典】「健康食品」のホームページ | 厚生労働省

薬ではない健康食品は、たとえば「血圧を下げる」などの効能をパッケージに表示することはできません。

しかし、科学的な根拠と、安全性があると認められているものに限り、有効性を示すことができます。

その根拠と安全性があるという証明が「保健機能食品」というわけです。

機能性表示食品とは?

「機能性表示食品」は、身体に対する影響(機能性)をパッケージに表示することを、消費者庁に届け出られた食品です。

もちろん、届け出をすればなんでもOKというわけではありません。

食品メーカーなどの会社が、その食品の安全性や機能性についての「科学的根拠」を示す必要がありますので、実験結果などがなければ「機能性表示食品」を名乗れないのです。

機能性表示食品ホームページなどを調べれば、根拠となる実験結果なども紹介されています。

栄養機能食品とは?

「栄養機能食品」は、栄養成分(ビタミンやミネラル)の機能をパッケージに表示した食品です。

サプリメントなど、栄養成分の補給のために利用されるものが、栄養機能食品に分類されます。

各栄養成分がどのような機能を持つかについては、法令で「何を書かなければいけないのか」「何を書いてはいけないか」が決まっています。

たとえばビタミンCであれば「皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です」といった表示。

目にしたことがある方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

特定保健用食品(トクホ)とは?

「特定保健用食品」は、たとえば「血中のコレステロール正常に保つことを助ける」「おなかの調子を整えたりするのに役立つ」など、特定の効果を持った成分を含む食品です。

この表示をするためには、成分が含まれていればそれでOKではありません。

有効性や安全性について、製品ごとに審査を受けている必要があるのです。

食品メーカーが科学的根拠を示す「機能性表示食品」とは異なり、国の審査を受けた食品であることが特徴。

そして審査を受けたあかしとして、許可マークがパッケージに付いています。

イソフラボンの過剰摂取に関する実験

豆乳

健康食品には、どのくらい食べればよいかという表示があります。

たとえば、サプリメントであれば「1日○粒」のような表示です。

  • 機能性表示食品
  • 栄養機能食品
  • 特定保健用食品

には必ず表示されています。

お手元のトクホなどをご覧いただければ、きっと書いてあるはずです。

食品による健康被害の中には、たくさん食べ過ぎることによって引き起こされるものがあります。

健康食品を食べて健康被害を起こすというのは本末転倒ですが、過去には成分を多く配合しすぎたために健康被害を起こした事例もあるのです。

この過剰摂取に関して、大豆のイソフラボンを使用した実験結果がありますので、紹介します。

大豆イソフラボンは、聞いたことがある方も多いかと思います。

1990年代後半から有名になった成分で、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」に似た働きをするといわれるポリフェノールのひとつです。

ちなみに特定保健用食品の場合は「骨の健康維持に役立つ」という表示が認められています。

適量の摂取では問題ありませんが、過剰に摂取するとどうなるのか、以下の実験をご覧ください。

実験方法

骨粗しょう症のマウスのエサに、大豆イソフラボンなどの健康食品の素材を混ぜて、人間が健康食品で摂取する量の1倍から100倍の量を与えます。

これを28日間続けて、どのような影響があるかを調べています。

実験結果

大豆イソフラボンの一種であるゲニステインを与えたマウスについては、以下のことが分かりました。

  • 骨粗しょう症のマウスに大豆イソフラボンを与えると、骨密度が高くなりました。
    これは、骨から血液へのカルシウム溶出を抑えていると考えられます。
  • 骨密度に影響する容量の10倍の大豆イソフラボンを摂取したマウスは、子宮重量が増加していました。

この結果を示したのが、以下の図です。

図

【出典】石見佳子(2017)「健康食品素材の有効性評価及び健康影響評価に関する研究」(2017.2 健康・栄養ニュース 第57号掲載)

この実験では、他にも「コラーゲンペプチド」や「スピルリナ」といった成分についても試験が行われましたが、やはり過剰摂取はよくないということが示されています。

大豆イソフラボンとは異なりますが、2017年には「エストロゲン」に似た働きをする成分を含む「プエラリア・ミリフィカ」による健康被害が話題になりました。

バストアップなど美容を目的としていましたが、含まれる「デオキシミロエストロール」「ミロエストロール」という成分は、強いエストロゲン活性を持つので、過剰摂取に注意が必要です。

この時には、厚生労働省や国民生活センターが注意喚起をしています。

関連ニュースは下記を御覧ください。

プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A |厚生労働省

美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品-若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう-(発表情報)_国民生活センター

健康食品(サプリメント)との上手な付き合い方

サプリメント

通常の大豆製品を食事に取り入れて、実験にあったような大量のイソフラボンを摂取するのは大変です。

しかし、成分を増やした食品やサプリメントのように、手軽に成分を摂取できる健康食品の場合、大量に摂取することができる場合があります。

「食品には、薬と違って『副作用』はない。だからたくさん食べても問題ない」

といった言われ方をすることがありますが、食品でも過剰摂取はよくないもの。

特に、成分が濃縮されている、多く含まれている健康食品ほど、食べる量には気を付けなければいけません。

また、いろいろな健康食品や「よいとされる成分」の情報が多いと、どれも魅力的に見えてしまうことがあります。

しかし「あの健康食品はいいらしい」「この成分もいいらしい」と、いろいろな健康食品を同時に食べると、それぞれを適切な量食べていても、過剰摂取の原因になることも。

また、万が一体調が悪くなってしまった場合には、どの食品や成分が原因なのか、あるいは成分の組み合わせが原因なのかなどを突き止めるのが難しくなります。

一度に多くの健康食品を食べるのは、避けるようにしましょう。

「健康食品」と言っても、たくさん食べれば食べるほど「健康」になるわけではない

ということですね。

これさえ食べれば大丈夫!ってわけじゃない

健康食品

健康食品やサプリメントは、それがトクホであっても「これを食べれば、あとは何を食べても大丈夫」というものではありません。

たとえば特定保健用食品には「体脂肪がつきにくい」と表示した油があります。

しかし「これを使った揚げ物は、いくら食べても太らない」という意味ではありません……現実はなかなか甘くないもの。

肥満の原因は、油の種類よりも、むしろ食べ過ぎや運動不足などの生活習慣。

せっかくの健康食品を活かすためにも、生活習慣を見直してみるのもいいかもしれません。

普段あまり歩く機会がないという方は、少しでも運動する機会を増やしてみてもいいでしょう。

「健康食品を買いに行くときは自転車で!」「お店の駐車場は一番遠くに停める!」などの自分ルールを作ると、続けやすいですよ。

食事面では、サプリメントで足りない栄養素を補うのもひとつの方法ではありますが、食事全体のバランスを見直すのもいい方法です。

厚生労働省(農林水産省)のホームページなどには「食事バランスガイド」という、食事の目安になる図が公開されています。

【出典】農林水産省

特にごはん、パン、めんなどは多く、反対に野菜は不足しがちです。

定食屋さんで「大盛り無料」を頼まない、野菜の多いおかずを選ぶなど、少しだけ意識してみるのはいかがでしょうか。

どうしてもお腹が空いてしまう時に備えて、果物やヨーグルト、ナッツなどを間食に用意しておけば、バランスもよくなって一石二鳥です。

食事のバランスや、栄養成分の表示で分からないことがあれば、保健所の窓口や栄養士などに相談してみてもよいでしょう。

まとめ

今回は、健康食品の基礎と健康食品との上手な付き合い方について説明しました。

まとめると、以下のようになります。

  • 科学的根拠が示された健康食品には「機能性表示食品」「栄養機能食品」「特定保健用食品」があり、それぞれ基準に従って有効性が表示されています。
  • 健康食品には食べる量の目安があります。たくさん食べればよりよいというわけではありません。
  • 過剰摂取による健康被害も起きる可能性がありますので、過剰摂取(食べ過ぎ)には注意が必要です。
  • 健康食品は「これさえ食べていれば大丈夫!」というものではありません。バランスの良い食事など、生活習慣も大切です。

健康食品は、美味しく上手に活用しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です